本文へスキップ

大洋製薬株式会社

大洋製薬株式会社は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。



保湿のスキンケア

若々しく健康な皮膚を保つために

商品イメージ1

シンプルでナチュラルなスキンケアは、健康で若々しい素肌の保持にはを欠かせません。大人はもちろんのこと、乳幼児や小児は皮脂の分泌が少ないためドライスキンになりやすい性質を持っています。1)

皮膚の保湿
には、角層細胞間脂質(セラミド)、皮脂、天然保湿因子・NMFの3つが重要で、皮膚の潤いを保つためには、これらに相当する成分を含んだ化粧水・乳液・クリーム・オイルなどを使用します。


生体と外界とのインターフェイスである角層は、外から内への経皮的侵入を防ぐ機能と、内から外への水分蒸散を防ぐ機能の2つの役割を担っています。正常な角層内には、角層細胞間脂質(セラミド)や天然保湿因子・NMFと結合して水分が約30%含まれており、皮膚バリア機能を高めて皮膚に潤いと柔軟性を与えています。2)



ドライスキンの症状が出る前に

商品イメージ1

ドライスキンとは潤い成分である天然保湿因子がバランスを崩して減少し皮膚が乾燥しやすくなっている状態です。
特に、大気温が低下して湿度が低くなる冬季においては刺激や痒みを感じやすくなっていますので、オイルや乳液などで全身の保湿ケアを毎日行うように習慣づけましょう。又、女性は男性と比べて皮膚が薄くデリケートな構造になっていますので、ご自身に合った保湿剤を選んで毎日のお手入れを欠かさず行うことが大切です。3)

化粧水で水分を補給した後は、美容液、セラミドを含む乳液・クリーム等やオリーブ油、スクワランなどの油性エモリエントで皮膚に潤いを与えます。 また、ワセリンは皮膚への浸透性がほとんど無いため、液体のオイル成分よりも皮膚に対してより強い保湿・保護効果を発揮します。



汗をかく習慣をつけましょう !!

発汗は、体温を調節するとともに皮膚に水分や天然保湿因子を補給して皮膚バリア機能を高めます。積極的に汗をかき、清拭・シャワー・入浴等で清潔に保つことで健やかな皮膚が得られます。4) 又、入浴の際には入浴剤・重曹・あら塩等をご使用いただくと、発汗機能が高まります。5)




参考資料

  • 1)小児の皮膚トラブルFAQ 2009年8月20日初版第2刷
  • 2)美容皮膚科学 2009年5月5日 2版1刷 監修日本美容皮膚科学会
  • 3)女性の皮膚トラブルFAQ 2012年3月30日初版第1刷
  • 4)日皮会誌:124(3), 305-314, 2014
  • 5)日皮会誌:124(7), 1289-1293, 2014
  • 6)日皮会誌:124(7), 1277-1282, 2014